Aquarius
FC2ブログ

    Aquarius

    このブログは管理人由禰の日常や創作活動についての日記です。コメント等はご自由にどうぞ。

    web拍手

    生存報告

    前回のブログの状態では心配になる人もいると思うので、少しでも安心してもらえるようなことを書けたらいいなと思っています。ちょっと今あんまり精神的余裕がなくて…すみません…とりあえず、これ以上の病状悪化は食い止められると思っています。が、今の状態から回復するのかどうかがわからなくて…なんとか冬コミまでには回復したいんですけどね。せっかく申し込んだんだし…

    サイトの更新情報としては、ロマサガ3の二次創作の続きです。ちょ、ちょっと今の私の状態が悪過ぎてブログであまりいろんなことを書く元気がないのですが、今回は私がオリジナルで考えたエピソードです。次回はとうとうピドナへ到着。トーマスと再会します。また私がオリジナルで考えた話になります。

    現在、病院に行く時以外、外に出られない状態で、そういう意味で今までで1番悪い状態かもしれません…風邪熱は一旦治りました。また風邪ひかないように外に出る時はマスクしてます。図書館の本の返却期限が切れた状態で1ヶ月以上経ってしまったので、返却お願いしますというはがきが届きました。というわけで明日行ってこようと思います。

    あー、それで、来週なんですが、来年4月のFF6オンリーに新刊として出せたらいいなと思っている、セツティナの第1話が書けたので、15日はそれを更新しようと思います。というか、それをサイトに載せようと思ってブログを書くことを考えたら一気に苦しくなって寝込んでしまったので、前回のブログを書くことにしたんですけどね…

    同人誌として新刊出せるかどうかはまだわかりませんが、サイトに載せるのは、のろのろでも構わないので、書けたらその都度更新していこうと思います。プロットぼんやりな状態で書いているのでまだはっきりと決めてない部分が多いですが、考えながら書いて、多分なんとかなるでしょう。今までずっとそうだったし。

    あー、少なくとも二次創作は、ロマサガ3のオリジナル小説を完結させたことで、レベルアップしたのではないかと思っています。絵と比べて小説は、読んでも上達したかどうかわかりづらいですが、セツティナをのろのろと書いていて、なんとなく今までより年季が入ってきたような気がします。

    もう二次創作小説に関しては、小説初心者みたいな発言はやめようと思います。私なんてまだまだみたいな謙遜するようなことも、これからはあんまり言わないと思います。ロマサガ3オリジナル小説を完結させたことは、私にとって、小説上達という意味でかなり鍛えられました。サイトでは毎月更新ですが、今後も続きを楽しみにして頂けたら幸いです。

    一次創作はまだまだですけどね。作品数としてはSSが2つと短編が1つ、連載中の大長編が1つと少ないですから。連載→完結の繰り返しで培われる執筆経験は、長期連載続けている状態とはまた違うので、作品数も徐々に増やしていけたらいいなと思っています。

    現在、心と身体が弱っていて、頭の回転も鈍くて身体の動きものろいので、執筆はかなりのろのろしています。一次創作RJの続きも書きたいのですがその前に――RJの主人公アレルは基本的に作者の私の分身なので、アレルの暗い過去=私の暗い過去なんですが、この間、私の過去について他人が聞いても理解できるくらい上手く説明できるようになりました。

    というわけで、その分アレルの暗い過去についての設定とプロットを修正する必要がありまして…なんちゅうメチャクチャなことをやってるんだとツッコミが入りそうですが(汗)。どのみち書きながらプロットをその都度修正するなんて今までずっとやってきたことですけどね。

    執筆前にどれだけしっかりプロットをやっても、実際に書いてみたら思ったより違ったということはいくらでもあります。執筆前のプロットと実際に書いた後ではどうしてもズレが出てきて、そのズレを完全にゼロにすることはできません。そのズレをその都度どう修正していくか、柔軟な思考が必要になります。

    なんとかなれば完結させられますが、途中でこのズレを上手く修正できなくなってしまうと、連載が途中で挫折してしまうことになります。連載が途中で止まったまま何年も放置されている状態のネット小説が多くて批判している人もいますが、単に本人がやる気がなくなっただけの他に、こういったことが原因で書けなくなってしまった人もいると思われます。

    プロットはやらないといけないかどうか、それは人によって違うので、自分が必要だと思った分だけやればいいと思います。プロットをやらないタイプのプロ作家もいる以上、勝手に決めつけるべきではないと思います。それよりも重要なのは、連載していく上で発生するプロットのズレをその都度修正できる柔軟な思考です。目には見えないのでわかりにくい話ですけどね。

    Twitterのアンケートで知ったのですが、執筆中にキャラが勝手に動く人とそうでない人といるようです。投票数から察するに、どちらも一定数いるようです。キャラが勝手に動くタイプの人は執筆前のプロットと実際に書いた後のズレが大きくなるので、書きながらその都度プロットを修正していく柔軟な思考がより必要になってきます。

    私はキャラが勝手に動くタイプです。それに小説に関してはどういうわけかやたらと柔軟な思考ができるという点で相当融通が利くようです。それ以外のことに関してはかなり融通が利かない石頭なんですが。なのでRJも書きながら考えてその都度プロット修正しながら今まで連載を続けることができたんです。

    執筆中にキャラが勝手に動くタイプは、そうでない人から見ると、1回体験してみたい、羨ましいと言われてしまいました。実際に書いてみるまで自分でもキャラがどう動くかわからないので、そう意味でも楽しいですね。その都度プロットの修正が必要なので、その分大変ですが、それだけ読者からみると、次回のストーリー展開が予想しにくいものとなります。

    作者自身も書いてみるまでわからないので、新しいキャラを登場させる時は本当に楽しみですね。プロットの段階におけるキャラ設定をそんなに細かくやらなくても、書いているうちに自然と設定が出来上がっていることがあります。ストーリーのこの場面でこのキャラならどんな言動になるか、その結果、新たに加わった設定もたくさんあります。

    ま、まあ、とにかく、そんなわけで、プロット重視型の人にとっては、おそらくプロットをやらないで書ける人の創作脳は全く想像できないものとなっていると思われますので、プロットやらないのはかなりマズイとかあんまり主張し過ぎるのもよくないのではないかと思います。小説家としてタイプが違うようなので。

    ちょ、ちょっと書いていたらかなり長くなってしまいましたので、今日はこの辺で。


    拍手ありがとうございます!!前回とその前、究極に深刻な話を書いてしまってすみません。そんな重い話を書くんじゃねえと非難がきたらどうしようかと思っていましたが、今のところそういうメッセージは来ていないので一旦安心しました。来週はFF6の二次創作セツティナの第1話を更新しますね。心身の状態も、もう少し回復してるといいなと思っています。
    web拍手

    …しばらくブログお休みします…

    …ごめんなさい…今…とても苦しくて…ごめんなさい…非難のメッセージの内容が相当堪えてるみたいです…ごめんなさい…できる限り読んだ人が気を悪くしないように限界まで気をつけて書いたのですが…ごめんなさい…それでも苦しくて…ごめんなさい…非難のメッセージを送った人達って…私のこと病気だと思ってないみたいですね…

    「まだ病気が治らないのか!いい加減にしろ!」

    病気が治らないことについていい加減にしろと言う時点で病気だと思ってないですね…心の病だったら、身体の病気と比べて他人に理解されにくいですが、そうだとしても…

    まだ鬱病が治らないのか!いい加減にしろ!

    やっぱりおかしいし…つまり病気というものについて根本的に理解ができてないようですね…

    「いつまでも過去を引きずっているおまえが悪い」「人のせいにするな」「いい加減にしろ」

    …トラウマという言葉を使えば少しはわかって頂けますかね…いつまでも引きずっている過去=トラウマ

    いつまで経ってもトラウマを克服できないおまえが悪い、人のせいにするな、いい加減にしろ

    …ごめんなさい…言葉のナイフとして刺さってしまって…ごめんなさい…

    「誰だって嫌なことくらいあるんだよ!」

    …ごめんなさい…誰にでもある嫌なことだったらいつまでも引きずっている過去にはならないです…トラウマにはならないです…ごめんなさい…今の私は普通の日常生活ですら支障をきたしている状態です…これは誰にでもあることではないです…文面を見ると…どうも気の持ちようでどうにかなる問題だと思ってるようなのですが…今の私は身体が思うように動かなくなってしまったんです…

    …すみません…今ちょっと…心も身体もかなり弱っている状態なので…サイト更新したらブログを書くことを考えただけで一気に苦しくなって寝こんでしまって…大変申し訳ないですが、しばらくの間ブログをお休みしようと思います…その間、更新情報はサイトTOPを参照して下さい…

    …ごめんなさい…心配かけるようなことばかりで…少しでも何かいいお知らせがあるかというと…今日は以前婦人科の病気で手術入院した時の、手術後の経過観察に行ってきました。今回も異常はなし。それと、ずっとPMSに悩まされていたのですが、ドラッグストアで売っているプレフェミンという薬を飲んでいたら、やっと症状がおさまってきました。

    プレフェミンはドラッグストアで売っている要指導医薬品。ロキソニンと同じく薬剤師さんがいないと買えない薬です。ピルではなく生薬です。漢方薬ではなく、西洋のハーブで作った生薬だそうです。つまり漢方薬と同類のものです。飲み始めて3カ月、やっとPMSの症状がおさまってきました。これでなんとかピルを飲むことにはならずに済みそうです。

    …あ…そういえば…FC2ブログの追記「続きを読む」ってスマホだと意味ないって聞いたので確認してみたら、やっぱり記事が折りたたまれずに普通に全部表示されてました…昔と違って今はPCよりスマホでネットをやる人が増えているのに、これでは追記にした意味がなかったですね…すみません…前回のブログでかなり深刻な話を書いてしまいましたが……………

    続きを読む »

    web拍手

    私の病気のこととか

    この間ブログを書いてから、結局ずっとモヤモヤしてしまいました…口内炎は治って今は風邪熱で安静にしている状態です。風邪薬は眠気が出にくいものに変えてもらったものの、頭がボーッとしてしまってまだ執筆できる状態になってないです…あー…今日は私の病気に関することなので暗い内容になります。今の私の状態を見ていて嫌だって思う人もいるってことなんですが…

    こいつまだこの状態なのかよ!いい加減にしろってのよ!私こいつ嫌い!だって見てて嫌だもん!

    私のこと嫌いな人もいるって聞いたけど、具体的に何がどう嫌いなのかっていうと、どうもそういうことみたいで…いくら私がなるべく人に嫌われないように気をつけようと思っても、嫌われる理由がそれでは、私としては頭を抱えるしかない…ずっと闘病生活送ってる人間なんて、長引けば長引くほど、見ていて嫌になるに決まってますね…

    ブログというのは基本的には自分が書きたいことを好きなように書けばいいんですが、見た方がどう思うか全く考えないわけにもいかない。そうしないと単純に悪意のあるコメントがつく可能性が出てきます。私の場合、見に来てる人達がどう思うのか、病人として他人への配慮が足らなかったってことで…

    調子のいい時ほど他人への配慮は必要ないですね。自分の書きたいことを好きなように書いて、私の場合は小説関連の話ができるほど調子がよければ、他人への配慮を考えなくても特に嫌な思いをする人はいないと思います。調子の悪い時ほど発言内容に気をつけないといけない。悪い時ほど他人への配慮が必要になってくる。

    送られてきたメッセージを見ても、内容からすると、どうも私を心配して毎回ブログを見に来てくれていたんだけど、良くなったり悪くなったりの繰り返しがずっと続いて、結局いつまで経ってもなかなか良くならない。それが1年も2年も続いていたら、心配して見ている方もしんどくなって、その結果送られてきたメッセージなので、相手を悪く思っちゃいけない。

    今ならそう思えるけど、最初送られてきたメッセージを見た時は、そのまま精神ダメージを受けて病状悪化してしまって、回復するのが非常に困難な状態に陥ってしまいました…毎回私を心配してブログを見に来てくれている人への配慮が足りなかった私の自業自得なんですが…

    送られてきたメッセージの内容からすると、私に早く立ち直って欲しいという思いで送ったメッセージなので、相手を悪く思っちゃいけないんですが、メッセージを見た時はそのまま精神ダメージを受けて病状悪化してしまって、またしても回復するのが非常に困難な状態に…

    相手の立場になって考えれば考えるほど、相手を悪く思っちゃいけないんですが、「相手の立場になって考えて」そんなことばかりやってるからいつまで経っても病気が治らない、というのはある…要は私の病気が回復すれば、嫌だと思う人もいなくなり、私も元気になり、見に来る人も安心して見ていられる。誰も嫌な思いをする人はいない。

    いつまで経ってもあなたの病気が治らないのがいけないんですよ!早く治して下さい!

    そう言われて相手の望み通りにできるものならそうしたいんですけどね…1年2年、長引けば長引くほど見ている方もしんどくなってくる、それもわかるでしょう?って言われると、ため息が出てきます。それで今まで条件反射でもうブログやめようかと思いますっていうことになってたんですが…

    いつまでも過去を引きずっているあなた自身が悪い
    いつまで経っても立ち直れないあなた自身が悪い

    そのレベルでどうにかなる問題なら、そんな非難のメッセージが来るほど長引いてないんで…大変申し訳ないです…

    ここから先は追記で書こうと思います。私も覚悟して書きますから、読む方も暗い内容については覚悟しておいて下さい。

    続きを読む »

    web拍手

    わからなくなってきた…

    まずは最初に最低限のお知らせを。冬コミのお品書き作りました。コミケのページや私のTwitterの固定ツイートに載せています。初めて作ったのであまり上手ではありませんが、とりあえず作りましたのでお知らせします。Wordで適当に作りました。それで、現在、風邪熱と口内炎で家から出られない(出ない方がいい)状態です。

    かなり心身の疲労が溜まっていたようです…抵抗力が弱まっているみたいなので、しばらく療養に専念します…風邪薬で寝てしまうので、強制的に休まざるを得ないです…私みたいに限界まで無理していくら言っても休まないタイプにはちょうどいいかもしれません…それでこれから書く内容がネガティブなものになりそうなんですが…なるべく穏便な表現にするよう心がけます。

    私が言いたいこととしては、

    店と客はどっちが偉いのか(?)
    作者と読者はどっちが偉い(?)

    という話なんですが…店からしたら自分の商品を買ってくれるお客さんは大切にしたいです。今後も買って欲しいです。客の方が偉いんだとしたら、おまえの店の商品をわざわざ買ってやってるんだからありがたいと思えって話になりますね。嫌ならもうおまえの商品は買わないって。店は慌てる。でもその店がなきゃ客の方はいつも買ってる自分が欲しいものが買えなくなる。

    でも、これは商売の話で仕事の話で、生計を立てることに関わってくる話ですね。
    私は趣味で小説を書いています。サイトに載せてる小説はみんな私が趣味で自分が書きたくて書いたものです。同人誌になると金銭のやり取りが発生しますが、それでも趣味の範囲内で仕事でやってる話ではないんです。

    作者にとっては自分の小説を読んでくれる読者は大切にしたいです。今後も読んで欲しいです。読者からメッセージが来たら、読んでくれてありがとうございますってなります。できれば1人でも多くの人に自分の小説を読んでもらいたいです。だから宣伝もします。これが下手すると「読んでもらってる」になってしまう…

    おまえの小説をわざわざ読んでやってるんだからありがたいと思え、嫌ならもうおまえの小説は読まない。別におまえの小説なんか読まなくったって他にいくらでもある。たとえ趣味でやっていても作者としては少しでも自分の小説を読んでもらいたい気持ちがあるので、そこにつけこまれます。

    プロ作家と比べると同人作家は読者から見ると、作者の性格が気になるらしいです…ブログやTwitterのフォローなどで作者の性格を知ることは可能ですね。同人作家ってどこまで日頃から自分のブログやTwitterの発言に気をつけなければいけないんだろう、って言うのが私が今考えていることです。

    1人でも多くの人に自分の小説を読んでもらいたいって気持ちはもちろんあるけど、これは趣味でやってることでもあるんですよね…作者の性格が気に入らなければ小説も読まないって?じゃあ作者は日頃からブログやTwitterでフォロワーだけでなく、読者から好かれる努力、嫌われない努力をしなきゃいけないのかなって…

    私自身は他人に嫌われたくないという心理は確実につけ込まれるし、そういう自分をどうにかしようと無理してもどうにもならない部分があります。更に少しでも自分の小説を読んでもらいたい心理にも確実につけ込まれます。いつも自分なりに力を入れて書いているだけに。

    何でここでネガティブになるかっていうと、私自身は今病気療養中で、普通の日常生活も困難な状態です。そんな病人の私が、数多くの健康な読者にどれだけ気を遣わなければならないのだろうなどという気分になってしまって…日頃からブログやTwitterでネガティブを抑え込まなきゃいけないのかなって…

    私の小説の作風は明るい。それは何も悪いことではない。でも私自身は暗い性格です。暗い性格の人間が明るい小説を書くなんてことあるのかって、理解しがたい現象ですけど、どうもそうなってるみたいだし…私自身は小さい頃からずっと自分を否定されることが多い環境で育ちました。だから暗い性格だと言われてもその通りだと思います。

    で、まだ執筆できる状態まで回復してないものの、現状、私の創作脳は、暗い話を書くことは困難な状態です・・・・・・・・・・

    も~う!自分でもどうなってるのかわからないよー!とにかく現状として今の私は暗い話を書くことは困難なんですよ!暗い性格ならそれに見合う暗い小説を書いてれば読者だって普通に納得するし、それでその作者と作風を気に入ったファンが集まってそれで何の問題もないんでしょうが…

    私の場合、順境だった頃はともかく、今は明らかに逆境が続いていて、ずっと闘病生活送っていて、精神的にもかなり辛い状態です。ネガティブ発言が多くなってもしょうがない、って言うと言い訳するな!って言われそうですけど、健康な人間より日頃からネガティブに陥りやすいのはどうしようもないです…

    私が抱えている個人的な事情を考えると、私のネガティブは他人に受け入れられるのは困難なものだと自覚はしています。一応。・・・・・・・・・・なんか今のままでは私自身のネガティブが日頃のネットの発言で現れてしまった場合、どんどん小説の作風とのギャップが大きくなっていくのでは…

    これだけ明るくて楽しい小説書けるならブログもTwitterもそれだけ明るくて楽しい発言だけにしろよ!

    って言われるんじゃないかっていうのは私の被害妄想ですが、作者性格暗いのに小説明るいっていう妙な現象に戸惑う人もいるんじゃないですか?私自身が1番戸惑ってるんですけど!ダメだ…私の創作脳、思った以上に暗い話を書くのが困難になってる…特に一次創作で!

    うっ…長話になってきたのでそろそろ結論を言わないと。

    私は今、普通の日常生活を送れない状態で、心身共に容態が悪いです。毎日辛い思いをして闘病生活送ってるので、ブログやTwitterでネガティブな発言をすることが多くなっています。その点について、ある程度ご容赦願います…………………………
    それなのに小説の方は明るく楽しい話とかギャグいっぱい入ってるとか、意味不明な変な奴ですみません…(T_T)

    ダメだ…

    現在考えているFF6セツティナの話:明るく楽しい話
    現在考えているサガフロ2の話:明るく楽しい話
    現在考えている一次創作RJの続き:暗い描写も入れるつもりだけどその辺どうなるかわからない…

    現在プロット構成中の一次創作ハードボイルド小説:最初から最後まで大雑把なプロットの枠組みは出来ているので、最初から具体的に内容をつめていった結果…

    おまえふざけとんのか?っていうかどうやったらこの元ネタでこうなるんだよ!
    すみません、一生懸命真面目に考えた結果、今この状態なんです…すみません、今さら訂正きかない(するつもりない)ので、この部分はこれでいこうと思います・・・・・・・・・・


    拍手たくさんありがとうございます!!!!!一次創作も二次創作も新しい話を公開できるのがいつになるか、今の時点ではわかりませんが、楽しみにしていて下さい。気長に待って頂けたら幸いです!
    web拍手

    冬コミ準備中

    さて、更新です。今日はロマサガ3の二次創作の続き。野盗の巣窟のイベントです。私にとって雪だるまは書きやすいキャラです。そしてやっとピドナへ向かうことになります。次回はピドナへの船旅です。ハリードパーティーとユリアンパーティーが一緒に船に乗ってピドナへ向かいます。その船旅中、私が考えた独自のエピソードです。

    ふう…ちょ、ちょっと体調不良でまだ冬コミのお品書きに取りかかれてないんですよね(泣)。うう…なるべく早くコミケ告知画像をUPしたいのに…そういえばコミケは見本誌を提出しなければならないんですね。全て1冊ずつ。ということは…

    聖剣FF外伝オリジナル小説:残り4冊→3冊
    聖剣伝説2ランディ×プリム:残り4冊→3冊

    あ、あ、あ、・・・・・・・・・・す、すみません、この2つの同人誌についてはコミケで配布できるのはどちらも3冊ということに…もしまた聖剣プチオンリーが開催されることがありましたら、再販します。通販BOOTHでは販売しないのかという点については現在検討中です。通販で注文くるのだろうか…?

    しかし、聖剣プチオンリーが開催されるタイミングでしか再販しないということは、もしまだ欲しい方がいらっしゃった場合、その時に買いに行かないとほぼ入手不可ということに…聖剣FF外伝と聖剣2のランプリ…欲しい人がどれだけいるだろうかという点についてなんとも予測がつかない…う~ん、どうしようかなあ…

    通販商品を在庫に気を配りつつ増やしていくと、だんだん部屋の中の置き場に困ってくる(汗)。自分の都合だけ考えちゃえば、オンリーやプチオンリーが開催されるまで在庫ゼロなのは楽なんだけど…BOOTHで商品登録する時、管理画面に在庫何冊か入力する部分があるんですけど、とりあえず10冊と入力して…10冊も通販で注文来るんだろうかと思ってしまう。

    と、とにかく今は冬コミの準備を最優先にやろうと思います。一次創作RJの方、連載ずっと止まっててすみません!本当はRJの連載が順調に進んでいないと落ち着かないのですが、現時点ではまず冬コミの準備をしなければ。あと、来年1/27のスクエニオンリー、サガスペースで申し込みました。

    ロマサガ3小説上巻下巻、冬コミの次は1月のスクエニオンリーで配布予定です。そして来年4月のFF6オンリーに新刊を出せるかどうか、なるべく早い段階ではっきりさせたい、自分の中で。私は他の人と比べると有言実行にこだわり過ぎてるので、実行できるかどうかまだわからないのですが、今度はセツティナを書いてみようかと思っています。

    FF6オンリーの新刊として間に合わなくても、書き上げたらサイトにUPする予定です。とは言ってもまだ執筆段階まで進んでいないのですが…カップリングとはまた別に、ロック・エドガー・セッツァーの3人だったら私が個人的に1番好きなのはセッツァー。セツティナ書くならセッツァーをできる限りカッコよく書かなきゃね!

    セツティナだとどんな話になるかな…セッツァーってタイプとしては肉食系だと思う。っていうか、草食系とか肉食系って一時期そういう表現使われてたけど、今でも使われてるの?もしかしてもう古い?一旦話題それますが、我が一次創作RJの主人公アレルは草食系でも肉食系でもなく「紳士」です!

    セツティナ書くならセッツァーが実際にギャンブルをやっているところをティナが見るシーンも入れたいですね。ティナの方はギャンブル苦手そう。ギャンブルの世界は私には向いてないです。ドラクエのカジノで十分わかりました。また一旦話題それますが、ギャンブルの世界ろくに知らないくせに一次創作RJのメインキャラの1人として賭博師登場させるという、無謀かつ無計画なことやった私であります(セドリックのこと)。

    作者自身がギャンブルに詳しくないのにメインキャラの1人にギャンブラー登場させて、これからの連載どうする気?それについては自分なりにセドリックの話をちゃんと考えてあります。まあ、そうやって呑気に連載続けてるうちに図書館で借りてるハードボイルド小説の中でそのうちギャンブルに関連した話を読むかもしれないし。

    あれこれ一生懸命試行錯誤している一方で適当にやってる一面がある私です。あ、結構長話になってしまいましたので今日はこの辺で。


    拍手ありがとうございます!!!次は冬コミのお品書きができたらブログでもお知らせしようと思います!

     | HOME |  »

    Calendar

    « | 2018-12 | »
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Monthly

    Categories


    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Profile

    高柳由禰

    この世のどこかでひっそりと暮らしています。
    実は創作が最大の趣味だということは周囲には秘密。いつも空想に耽っています。
    どうやら俗っぽくないという点で周りから浮いてしまうようです。
    現在、病気の為、自宅療養中。

    FC2Ad